スポンサーサイト

  • 2012.03.21 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


議員定数削減議案の賛成討論の原稿

前の記事でも触れましたが、賛成討論の原稿を掲載します。

「私は、先ほど提案されました議案第113号、津久見市議会議員定数条例の一部改正について、賛成の立場で討論いたします。

 当市においては、平成16年度から今年度までの5年間、緊急行財政改革実行計画に基づき、徹底した行財政改革に取り組まれてきており、財政上の改善は、目標額を上回る改善の見込みであると伺っております。しかしながら、当市の財政を取り巻く環境は、さらに厳しさを増しており、国の三位一体改革に伴う地方交付税等の削減幅は、予想を上回るものとなっており、現在、平成21年度以降の行財政改革実行計画について、策定作業を進めているところと伺っております。次期行革につきましては、今まで以上に、市職員や市民に痛みを伴うものになることが予想されます。

 一方、地方分権、地方主権の流れの中で、地方政府の構築という観点から、首長との関係において、地方議会の機能、権限を強化すべきであるということがいわれています。県内でも、県議会では昨年5月より議会の活性化と透明性の向上を目指し、県議会改活協議会を設け、今年3月より政策立案能力の強化や更なる改革を目指して、県議会政策・活性化協議会に改組し、様々な取り組みが始まっております。また、大分市議会では、12月議会で、県内で初めて大分市議会基本条例が全会一致で可決されました。今後は議会も、執行機関のチェック・承認機関にとどまらず、政策立案能力を高め、市民の付託に応えていかなければならない時期に来ていると思います。

 このような環境の下で、今回、議員定数を16名から2名削減し、14名とする条例改正案が提案されました。市民の方々のご意見を伺ったり、財政的な面での制約を考慮すると、議員定数の削減は避けて通れないものと思います。一方で、議会機能を高めていくために、議員1人1人の仕事や責任もこれまで以上に大きくなります。

 12月1日現在の津久見市の有権者数は、18,242人であり、現行の定数16人で割りますと、議員1人あたりの有権者数は1,140人、14人に削減したときの議員1人あたりの有権者数は1,303人となります。

 議員定数を削減しますと、少数意見が市政に届きにくくなるという懸念もありますが、現在の議員の任期は2年以上残っております。その間に、議員1人1人でとらえきれない市民の声を議会としてどう対応すべきかなど、様々な条件整備をすることによって、この懸念は払拭ないし緩和できるのではないかと思いますし、現在の議員に課せられる使命だと思います。

 今回の議員定数削減の提案は、単に議員定数を2名削減し、行革に協力したいということだけではなく、これからの議会のあり方を構築するものとして、議会および議員にも痛みを伴った改革の第一歩であり、そのような覚悟で賛成するものであるということを申し添え、私の賛成討論を終わります。」

議員定数削減について

12月23日の大分合同新聞にも載りましたが(他紙は確認していません)、
12月22日の12月議会最終日に、
津久見市議会議員の定数を削減する議案が提案され、
採決の結果(採決には議長は加わりません)、12対3の賛成多数で可決されました。

内容は、現行16名の議員定数を2名削減し、14名とするというものです。
次回の津久見市議会議員選挙から実施されます。

議員定数の議論は、議員の間では今年の夏ごろからいろいろとしておりました。
議案提出に当たっては、私は賛成者で名前を連ね、
議案に対する討論では、賛成者を代表し、賛成討論を行いましたが、
議論の最初から削減に諸手を挙げて賛成というわけではありませんでした。

私は、議員になる前は(当時の議員数は18名)、議員は大幅に減らしていいのではないかと思っていました。
しかし、議員になって約1年半、議員活動や議会活動をしていく中で、
議員の数を減らしすぎても様々な弊害が出てくる可能性が高いことが分かってきました。

議員の数の適正水準を示す指標は明確にはありません。
何名が適正水準かと問われれば、現時点でも私は分かりません。
参考指標はいろいろあると思います。
たとえば、議員一人当たりの有権者数とか、
全国市議会議長会が公表している全国の市議会の定数の統計などがあると思います。

私自身の関心は、定数問題よりも、今後の議会のあり方にあります。
これまでは、個々の議員活動は、議員個人の支持者を中心にある程度活発にされているのかなと思いますが、議会として、どういう活動をしているかということを市民に伝えるものは、津久見市議会の場合、「議会だより」と個々の議員活動しかない状態です。

今、地方主権に向けて、自立した地方政府の構築を目指すという時期に、議会の機能、役割も充実、強化しなければならないと思っています。
議会として、執行機関のチェック、承認という仕事だけでなく、今後は政策立案機能を持っていかなければならないと思っています。

そういう点から定数問題を考えたときに、今回の2名削減がどういう影響をもたらすのかということを考え、なかなか結論は出ませんでした。

しかしながら、議員や議会も市財政の制約があります。津久見市では緊急行財政改革実行計画が今年度最終年度で、現在、次の5年間の行財政改革実行計画の策定作業中です。それに議会としても最大限の協力をする必要があると考えました。
また、何よりも市民の声が議会存立の基盤ですので、市民の「議員が多すぎる」という声にも応える責任もあると考えました。
それで、最終的には、議員定数削減の議案に賛成し、賛成討論を行いました。

しかし、賛成討論の中でも述べたのですが、今回の議員定数の削減は、今後の議会をどう作っていくかの議会改革の一つに過ぎず、また、議会改革の始めの一歩に過ぎないと思っています。各地方議会では議会改革の様々な取り組みが始まっています。私は、市民に開かれた議会、市民に見える議会を目指し、これから議会として様々な取り組みをしていかなければならないと思っています。

後日、賛成討論の内容が、議事録にも掲載されると思いますが、項を改めて賛成討論の原稿を掲載したいと思います。
いつも長文かつ分かりにくい文章になってすみません。

12月定例議会のご案内

12月定例会の主な日程は以下のとおりです。

12月 5日(金) 開会日(本会議場)
          平成19年度決算の認定(閉会中継続審査分)
          12月定例会の議案の上程等
12月12日(金) 一般質問(本会議場)
12月15日(月) 一般質問(本会議場)
12月16日(火) 委員会(委員会室)
12月17日(水) 委員会(委員会室)
12月22日(月) 閉会日(本会議場)

なお、一般質問は、12日の1日で終わる場合もあります。
通常、本会議場での会議は、午前10時に始まります。
総務常任委員会、社会文教建設常任委員会、予算常任委員会は、16日、17日の
2日間で時間調整し、開かれます。
これまでの例によれば、16日は総務常任委員会、社会文教建設常任委員会が開かれ、
(午前9時からと、午後1時からのいずれか)
17日は午前9時から予算常任委員会が開かれると思われます。
各委員会の日程は、これまでの例では、一般質問最終日の本会議の終了後に発表されています。

【宣伝3】大分トリニータ応援バスツアー(11/23)

11月23日(日)にサッカーJ1の大分トリニータ応援バスツアーを行います。
主催は大分トリニータ後援会津久見支部です。

大分トリニータ後援会津久見支部は、今年1月26日に誕生しました。
シーズン開始前には今のような快進撃を想像すらできない状態でしたが、
1回目のバスツアーは7月12日(土)の浦和レッズ戦で2−0で勝利!
11月1日(土)にはヤマザキナビスコカップで見事優勝!
今回は、J1優勝をかけて現在首位の鹿島アントラーズとの1戦ということで、
精一杯応援したいと思っています。

 大分トリニータ応援バスツアー
 日時:11月23日(日)11時出発 13時キックオフ
 対戦相手:鹿島アントラーズ
 参加資格:大分トリニータ後援会会員
      (後援会会員は随時募集しています)
 参加費:一般1,500円、高校生以下1,000円
     (バス代、チケット代込)
 募集締切:11月14日(金)午後5時
      (ただし、募集人員45名に達した段階で締め切ります)
 申込・問合せ先:82−4807(金只建材工業)
         090−7463−2114(黒田)

【宣伝2】映画『釣りバカ日誌19』上映会(11/22)

大分県内で撮影された映画『釣りバカ日誌19』の上映会が
11月22日(土)に津久見市民会館で行われます。

この上映会は、私が議員になる前から関わっている「きらり☆つくみ」という
グループが主催します。
「きらり☆つくみ」は、今年8月8日にNPO法人格を取得し、
「NPO法人きらり・つくみ」となりました。
したがって、NPO法人になって初めての上映会となります。
(任意団体のときから通算8回目です)

なお、今回の上映会でも上映会終了後、カフェを設けます。
(津久見市民会館会議室)

 映画『釣りバカ日誌』上映会
 日時:11月22日(土)午前10時〜 午後2時〜 午後7時〜(3回上映)
 場所:津久見市民会館大ホール
 主催:NPO法人きらり・つくみ
 前売券:一律1,000円
     他の上映会場の前売券でも津久見でご覧になれます。
     津久見上映の前売券は、他の上映会場ではご覧になれません。
 前売券販売所:ライブハウスREVIVE!(リバイブ)
        NPO法人きらり・つくみ事務所
        津久見市民会館
        その他NPO法人きらり・つくみ会員を中心に販売しています
 問合せ先:REVIVE!(リバイブ)TEL 82−1267
      NPO法人きらり・つくみ事務所(行政書士黒田事務所)TEL 82−9950

【宣伝1】演劇『バッタモン』(11/14)

11月14日(金)午後7時より、津久見市民会館にて
演劇『バッタモン』の公演があります。

津久見市出身で、私と同じ年の中津留章仁氏が、作・演出の演劇で、
昨年5月26日に開催された演劇『とんでもない女』に続き、
2度目の公演となります。

今回の演劇は、田畑智子さんのひとり芝居です。
田畑智子さんは、NHK朝の連続テレビ小説『私の青空』でヒロインに抜擢された
女優さんで、多数のテレビドラマや映画、舞台で活躍されています。

昨日、12月から1月にかけて大分シネマ5で上映される映画『ブタがいた教室』
の前売券を買ったのですが、田畑さんはこの映画にも出演されています。

 田畑智子ひとり芝居『バッタモン』
 日時:11月14日(金) 開場18時30分 開演19時
 場所:津久見市民会館大ホール
 主催:津久見市・津久見市教育委員会・津久見観劇会
 後援:大分合同新聞社・OBS大分放送・TOSテレビ大分・OAB大分朝日放送
    エフエム大分
 入場料:一般3,000円、高校生以下2,500円
 チケット販売所:津久見市民図書館(生涯学習課)・津久見市市民生活課
         津久見市公民館・津久見市民会館

怪しいコメント

どなたかはわかりませんが、「3月議会のご報告」のリンクを、某掲示板に掲載していただいているようで、この記事にだけ毎日アダルト系の変なコメントがつきます。

一時、コメントを承認制にしましたが、承認制にするのは本意でないため、承認制を解除し、怪しいコメントを地道に毎日消去することとしています。

私は実名を出して記事を書いていますので、各記事について責任を持って書いているつもりです。(無責任な記事は書かないように努めています。)
記事を引用して(コピーして)、他の場所で議論していただくのはやむをえないかなと思う部分もありますが、記事のリンクを無責任に張るのはこういう弊害もありますので、できればご遠慮願いたいと思います。

このブログは、検索サイトで私の名前や、「津久見市議会議員」等のキーワードで検索すれば出てくると思いますので、リンクを掲載する場合は事前にお申し出ください。

コメントを承認制にしたくないので、誠に勝手ながら皆様のご協力をお願いいたします。

9月議会での一般質問(その2)

「2 窓口業務の効率化について」は、本業の行政書士としての経験をもとに、質問項目を設定しました。
また、行財政改革のもとで、人員削減をしてきていますが、業務を取り巻く環境が変化してきている中で、今までの業務のやり方でなく、機械でできるところは機械に任せ、人の手が必要な業務をいかに効率的にするかという観点が、行財政改革の中で欠落しているように感じていましたので、この問題は議員になったときから取り上げるつもりでいました。

「(1)戸籍の電算化の予定は」については、大分県内で戸籍の電算化がされていない市町村は津久見市だけになったという状況を踏まえ、質問しました。
市長は、電算化の必要性は認識しており、財政負担のかからない方法で導入する方向を検討し、1〜2年以内に結論を出すと答弁されました。しかし、市長は、導入については時間的猶予もないことも認識されており、私は、平成21年3月議会に付議される平成21年度予算を見て、導入に関するなんらかの予算が計上されていなければ、3月議会の一般質問で再度質問をするつもりです。

「(2)パスポート事務の県からの移譲の予定は」については、臼杵市が10月から事務移譲を受けることになるという8月大分県議会の議案を見て、これまで同じ場所で取り扱っていた津久見市の分についての今後の予定を尋ねる趣旨で質問しました。
これについては、平成21年1月から事務の移譲を受ける方向で準備を進めているとの答弁がありました。

「(3)住基カードを活用した事務の効率化について」は、今年度が緊急行財政改革実行計画(5年間)の最終年度に当たり、現在、次期行財政改革実行計画(5年間)の策定作業に入っていることから、最初に指摘しました業務のやり方を見直すことによる行革という観点で、現在あるインフラである住基カードの制度を活用して、業務効率化を図れないか全庁的に検討してほしいという趣旨で質問しました。
質問の中で、具体例を挙げて質問しましたが、長くなりますので、ここでは割愛します。
この点は、来年3月までにできると思われる次期行革実行計画を見て、今後も質問・提案していきたいと思っています。

「3 全国学力・学習状況調査について」は、今年4月に小学校6年生、中学校3年生を対象に実施されたこの調査結果が、8月末に公表されたことを受けて質問しました。
ただし、私自身、津久見市が全国や県平均と比較してよかったとか悪かったとかいうことにはまったく興味がなく、この調査で見えてきた成果と課題についてと、それを踏まえて、今後津久見市教育委員会としてどういった取り組みをしていくのかについて質問をしました。

教育長の答弁によると、全体的に全国平均を下回っているのが実情のようで、対象学年の児童生徒にいえることとして、基礎的・基本的な知識・技能をしっかり定着させた上で、活用する力を高めることが課題であるということでした。
また、小学校5年生、中学校2年生を対象に実施した県の基礎・基本定着状況調査では、小学校の国語・算数、中学校の国語・英語で県平均を上回っているとの答弁がありました。

以前より、各学校で様々な学力向上対策の取り組みがされていますが、こういった調査を通じて、取り組みの検証と改善を行ってもらい、教育委員会については、各学校の取り組みをしっかりとサポートしていただきたいと思っています。

チャレンジ!おおいた大会開会式

9月27日〜10月7日のチャレンジ!おおいた国体(第63回国民体育大会)に引き続き、
今日10月11日〜13日まで、チャレンジ!おおいた大会(第8回全国障害者スポーツ大会)が開催されています。
今日は、この開会式を見学してきました。

開会式は、皇太子殿下ご臨席の下、九州石油ドームで開催されました。
開始前は、曇っていて、屋根を閉じていましたが、
開始直前から晴れてきて、ドームの屋根が開き、好天の下で開催されました。

これまで、全国障害者スポーツ大会は、身体、知的障がい者で行われていたようですが、
今回からバレーボールで精神障がい者の部が正式種目となり、
身体、知的、精神のすべての障がい者が参加する大会となりました。

開会式前のオープニングアトラクションで、映像を流すコーナーがあり、
見ていたら、突然津久見市が出てきたので、驚いてみていると、
津久見市の麻生恒雄さん(視覚障がいのある人の競技であるグランドソフトボールに出場)
を紹介するVTRでした。
麻生さんは、開会式の中の炬火リレーでも第2走者を務められ、とっても輝いて見えました。

開会式の中での各都道府県・政令指定都市の選手団の皆さんの入場行進を見ていて、
一人ひとりが生き生きと輝いている姿がとっても印象的でした。
選手の皆さんが日ごろの練習の成果を十分に発揮し、次につながる大会になることを願っています。
残念ながら、競技を開催する場所が、大分市、別府市、佐伯市、宇佐市(オープン競技)
の4市に限られていますが、競技をする姿も見たいと思いました。

13日午後に九州石油ドームで開催される閉会式にも出席する予定です。

9月議会での一般質問(その1)

9月議会の一般質問で私が尋ねたのは、以下の項目です。

1 国民健康保険税の改正について
 (1)窓口への問い合わせ等はどの程度ありましたか

2 窓口業務の効率化について
 (1)戸籍の電算化の予定は
 (2)パスポート事務の県からの移譲の予定は
 (3)住基カードを活用した事務の効率化について

3 全国学力・学習状況調査について
 (1)本市の結果と評価について
 (2)今後の学力向上対策について

「1 国民健康保険税の改正について」の質問の趣旨は、このブログにも掲載しましたが、
6月議会の国保税引き上げの議案に対する私の反対討論で指摘した、市民に対する説明
責任不足になるのではないかという点を検証するためにした質問です。
市の答弁から受けた印象は、市民からの問い合わせはそれほど多くはなかったようです。
また、問い合わせについてはきちんと説明をし、市民にご理解いただいたということでした。
私の反対討論は杞憂だったのかなと感じました。

残りの項目は長くなりますので、項を改めたいと思います。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM